プロフィール

フォトアルバム

ぶん

日常の飲み食い中心に、好き勝手なこと書いてます。あとはクルマとももクロについてかな。 基本的には好きなものを書きたい主義ですが、ムカついたことも書くので、時には毒舌です。個人の見解ですのでご了承願います。 グルメブログとかじゃないので、検索で来られた方にはごめんなさい。ぼくグルメじゃないので。

Powered by Six Apart

プロ野球 Feed

2013年4月 3日 (水)

国民栄誉賞とは

内閣府のHP→コチラ

Wikiでの解説ページ→コチラ

ブーたれたからには、ちゃんと勉強しておこうと思った。

「抱き合わせ表彰」ってのが、やはり違和感を生む原因の第一だと思う。
松井に対して失礼だよねー。
将来的に考えると、賞に値する偉大な選手だと思うが、「抱き合わせ」や、「時期を間違う」ことにより、彼にとってツライ意見も飛び交う。
大選手に対し、失礼だよ。選手としてだけでなく、人間としても素晴らしい選手だと思うだけに。
苦しんで、引退を決意した彼に、今のタイミングは「間違い」だと思う。ましてや「抱き合わせ」なんて!

それと、賞の名前も変だよねー。
「内閣総理大臣顕彰」を拡大して表彰すべきだよね。少なくとも「国民」の文字は取るべきだね。国民が選んで表彰するわけじゃないから。

「民間の有識者の意見を聞く」と定められているそうだが、誰に聞いたのかな?
「民間の有力者の意見を聞いて、総理が決めた」、って気がして仕方ないのは僕だけでしょうか?


4月3日の朝日新聞朝刊の天声人語にも、この話題が。
朝日の割に、冷静な意見で頷けた。最後の一文も(笑)

中途半端に有料化しているので、リンクは貼らないでおきます。
適当にググって読んでみて下さい。もしくは、現物紙面で、ぜひ!(笑)

2012年1月16日 (月)

「炎のストッパー」故・津田氏と北別府氏、野球殿堂入り

最近はすっかりプロ野球を観なくなったなー。
津田が炎のストッパーと呼ばれていた頃は、まだまだプロ野球も人気が有った。
ゴールデンタイムのテレビはプロ野球放送が当たり前だったなー。
津田のリリーフは直球勝負!今なら球児みたいなかんじかな。
魂こもったストレートにテレビの前で熱くなったのを覚えてるなー。

少しかげりは見えていたが、ほぼ全盛期に突然病気で消えてしまった津田。
当初は水頭症と報道され、復帰に向けて頑張っているものだと思っていた。
亡くなったというニュースはホントにショックだったな。

その彼が、プロ野球全体として評価され野球殿堂入りしたってことがうれしいな。
広島ファンだった僕のホントに思い出の選手だったから。

おめでとうございます!

2011年11月19日 (土)

巨人、清武代表を解任 渡辺球団会長と対立

プロ野球の話と言うより、芸能ネタだね。

原監督と両輪で育成のジャイアンツを作ってきた清武さん。
ココまでは想定内だろう。
ここからどうするのかお手並み拝見ですね。

会社は私物じゃない。大きければ大きいほど。
しかし、かの製紙会社しかり、現実は違うのよね。

日本シリーズの邪魔してまでやったコトですから、シナリオはできてるんでしょうね?
最後まで立ち向かい、一矢を報いてください。

2011年10月22日 (土)

阪神、和田コーチ監督就任確実に

監督もだろうけど、それより先に取り組むべきことがあるんじゃないの?

2011年4月16日 (土)

阪神・金本の連続出場途切れる 歴代2位1766試合

お疲れ様でした。昨季から複雑な思いで連続出場していたと思います。 こういった形でもないと、記録の幕引きは出来なかったでしょう。 大記録ですよ! これからも、らしい活躍を期待してます!

2010年4月18日 (日)

阪神・金本、連続フルイニング出場1492試合で止まる

記録は止まったが、まだまだ頼むぞ金本。
お前がいるうちは、俺も阪神応援するぞ。

2009年3月25日 (水)

多くのことを学べたなぁ・・・

今日は、どこのブログでも「WBC優勝おめでとう」、の言葉が踊っているんだろう。
岩隈の名前も知らなかった人たちが、「岩隈サイコー」なんて書いているんだろな。
今日だけ観ていた人なんかは、「さすがイチロー」なんて書いているんだろうな。

それはそれで、良いのだけどね・・・。

今日の試合、3番青木は再三、敬遠で歩かされた。
しかし、10回、イチローを歩かせても良い場面で、イチローは勝負を挑まれた。

世界のイチローに対して、これは屈辱だろ・・・。

そんな中で、きっちり結果出した・・・。これってすごいよ。
今回のWBC、絶不調のイチロー。その中での、今日の結果。

さすが・・・なんて言葉じゃ足りない・・・。
本人が、「神が降りてきた・・・」と発言したらしいが、それに等しいと思う。

他にも、原采配。岩隈の活躍。スーパーサブ川崎。話は尽きないね・・・。

最後10回ののダルビッシュ。まさしく、ダルビッシュと心中だよ。
失敗すれば、監督総叩き間違いなし。それでもダルでいった・・・。
このネタだけでも一晩飲めるねー。

ホント、いろんなこと勉強できました。
お祭り騒ぎじゃなく、心にしみたWBCでした。
このネタで、しばらく酒のめるなー(笑)

2006年5月 5日 (金)

佐々岡の大記録\(^o^)/

先発100勝&100S、佐々岡が2人目の記録(Yomiuri On Line)

地味な記録であるが、長くエース、そして押えとして活躍しなければなしえない大記録。チーム事情に合わせて、先発でも活躍し、押えでも活躍する。言葉にするのは簡単だけどやるのは大変だ。
同様の大記録を持つのは江夏豊。長年エースとして活躍しながら阪神を追われ、球団を渡り歩き、広島でリリーフエースとして大復活。近鉄バファローズとの日本シリーズでの石渡選手相手の投球は歴史に残るほど。
その江夏以来の大記録だ。
地味な男だが長年広島を支えてきた男。
金本のように、人気チームに移籍して記録を達成したらもっと騒いでもらえるのに・・・。

おとこ佐々岡、まだまだいけるぞ。
江夏を目指して、記録を伸ばして欲しい。

おめでとう、佐々岡。
そして、頑張れ佐々岡!!(^-^)g