プロフィール

フォトアルバム

ぶん

日常の飲み食い中心に、好き勝手なこと書いてます。あとはクルマとももクロについてかな。 基本的には好きなものを書きたい主義ですが、ムカついたことも書くので、時には毒舌です。個人の見解ですのでご了承願います。 グルメブログとかじゃないので、検索で来られた方にはごめんなさい。ぼくグルメじゃないので。

Powered by Six Apart

うどん! Feed

2016年5月24日 (火)

クマのランチ「稲美うどん」@稲美町

稲美うどん@稲美町 大先輩に昼メシで連れて行って貰いました。有名だそうです。知らんかったわー。

天ころうどんの冷たいの食べました。
細めの麺で程よいコシ。
そして、ぶっかけ出汁が独特で美味しい。
天ぷらも揚げたてサクサク。

美味かった〜。
また、行こうっと。

2016年2月15日 (月)

川政@姫路別所あたり

Img_6269

2号線沿い、正確には高砂市になるようだけど。市境にあります。
前から、通るたびに気になっていまして、先日入ってしまいました。
そそられる看板でしょ。危険な雰囲気もあるでしょ(笑)

Img_6265

昼時を過ぎたころに入ったのもあるでしょうから、無理はないのですが、ゆるゆる麵の細麺でした。店内もメニューも至って普通のうどん屋さん。

細麺のさぬきうどん、って見ると、むかしむかしに尼崎の阪神武庫川駅にあった「てんぐや」さんを思い出すんだよね。いつ行っても湯がきたて。細麺のうどんがほんと美味しかった。鳥だし釜揚げうどん、また食いたいなー。

2015年9月30日 (水)

まつかぜ@姫路広畑

まつかぜ@姫路広畑 まつかぜ@姫路広畑

偶然ネットで見つけた。

美味しかった!

2015年9月23日 (水)

田舎で讃岐うどん@がいな製麺所

田舎で讃岐うどん@がいな製麺所 田舎で讃岐うどん@がいな製麺所 田舎で讃岐うどん@がいな製麺所

連休中珍しく家族全員そろった。
ドライブがてら、昼飯食べに、と加西へ向かう。

なめてました。大行列や。
おまけに頼みすぎて、食べるのに苦戦(笑)

まっ、たまにはこんなんもイイかもね。

この後、大幅にスケジュールが押した状況で、日本酒ラバーズ神戸に向かうのでした(^_^;)

2010年6月11日 (金)

今日のランチ@いわしや(西宮北)

CA3A0214

「ひやあつ」冷たいうどんに熱いだし

ここのかけだしは絶品です。

うどんはチョイ固め。麺通団的に言うと「噛みしめ系」ですな。

綺麗な盛り方です。これで350円。流行るの無理ないなー。

讃岐うどんではないらしいが、限りなく讃岐っぽいうどんです。

2009年12月12日 (土)

「夢蔵」@阪神御影

014

お昼の定食です。
「ぶっかけ定食」700円
画像は中盛(麺1.5倍)プラス50円
けっこう待たされますが、おいしかったです。

015

盛りも綺麗だし、美味しいし・・・。
お店の感じも良かったです。

HPはこちらです。
近くに駐車場ないので、駅近くのコインパーキングに停めてちょいと歩く、ってのがよろしいかと。

小麦の実り」と似た感じのうどん屋さんです。
美味しかったです。

2009年11月26日 (木)

献血帰りにうどん食う(笑)

献血帰りにうどん食う(笑)
業界組合の献血推進デーに行った帰りに評判の良いうどんを食べにきました。正午前なのに店内は満席。
店に入ったらセルフのおでんと天ぷらが置いてあり、さぬき風ではあります。
以前、冷たいの食べたことあるので、温かいの食べました。薬味もいろいろついていて、楽しいです。ただ大根おろしはいれないほうがベターです。パサパサでスカスカです。二度連続でそうでしたので、これがここのデフォルトみたいです。
うどんはゆがきたてで出してくれるので美味しいですよ。

食べて外に出たらかなりの行列でした。うどんが乾くのでドアを閉めて店外に並べとの貼り紙がありました。

讃松庵が三宮にあれば、ここの百倍の行列やろなー。

2009年11月18日 (水)

今日のお昼ごはん

ハーバーランドで仕事だったので、お昼はちょっと足をのばして「讃松庵」へ。

019

ここは量が多いので、天丼+ミニうどんにした。

018

ぜんぜん「ミニ」とちゃうやん!!
天丼のエビはみ出してるし!!
ごはん残したわー

横の老夫婦は
「ぜんぜん減らへんわー」
って言いながら普通サイズ(のはずの)うどん食べてはりました(笑)

ここのうどん、旨いよー

2008年11月10日 (月)

本場香川のうどん4軒目「彦江製麺所」

うどん紀行がなかなか書き終わりませんな。いつまでうどんやねん、って感じです(苦笑)

さて、予定がくずれちゃったんで、そこはB型まるだしの嗅覚だよりの動きに変わってきました(笑)せっかく坂出まで来たんだから・・・、と予定から泣く泣く外した彦江にと足が向いてしまいました。ナビにセットすると、近い近い。
しかーし、彦江はナビを便りには行けない店なんですよねぇ。ガイドブックやうどんHPを研究していたお陰でなんとか付きましたが・・・。
ナビ通りに行くと、小さな川沿いの行き止まりの道に案内されて、ガイド終了されちゃいます(笑)←いやいや、笑い事じゃないって・・・。
で、道順を詳しくレポしますね。
まずはこちらの麺聖さんのHPをご参照ください。偶然には見つけられない・・・とありますが、調べていっても難しい。

まずナビが近くまでガイドしてくれますが、最後信号を南に曲がってはダメです。目標はファミレス「ぐりーんはうす」

Hikoemagaruca3a0034この「ぐりーんはうす」の向かいの道を南へ入っていきます。写真は、その入っていく道から(南側から)撮っています。そして、ゆっくりと進みながら左側に注意。駐車場の入り口の塀に小さめの看板が・・・。駐車場自体は広いので、「駐車場、駐車場・・・」と進むと良いでしょう。
駐車場にクルマを停めたら、奥の塀の、人が一人通れるか・・・の出口(切れ目?)の横の看板を見つけて下さい。その出口からでて看板の矢印の方向に向かったところが


Jhikoetochuuca3a0033
この画像です。とてもうどん屋があるとは思えない。ずんずん歩いていっても、普通の家ばっかり・・・。

Hikoezenkeica3a0032_2

こんなところに・・・、ホントにうどん屋が・・・、なんて不安があふれそうになった頃に、右側に画像のような光景が。車を見ると後ろのガラスに「彦江製麺所」・・・、やったぁ~、ここや~。と、なんとか到着。クルマが無い日なら・・・、想像しただけで怖いですわぁ~。一応、入り口に営業時間の張り紙なんぞしてますが、看板類、まったくありません。
そして、入り口から中をのぞくと・・・


Hikoenaibuca3a0031
まさしく製麺所です。こんなところに入っていいのでしょうか。いいんです!!昼時でもあり、奥にいるおばちゃんの横を先頭に十人ほど並んでいます。そして、その列の左側が洗い場。そう、洗い場のおばちゃんと、うどん茹でてるおばちゃんの間に並びます。そして、洗い場のおばちゃんが洗って置くどんぶりを勝手に取って、並ぶんです。このセルフっぷりには驚いた。驚いてうどんの画像撮り忘れました・・・。

メニューなんてありません。うどんの量だけを茹で上がったうどんを水で洗ってるおばちゃんに言います。麺聖HPでは大、小ってありますが、玉の数で注文も可能みたいです。常連らしきサラリーマンは「2玉半」とか「2.5」とか言ってました。しかし、この場所にスーツ人が並んでうどん食うって、さすが香川です。
うどん玉をどんぶりに貰ったら、うどん茹でてる釜で自分でうどんを温めなおすのも可能。常連さんを見てるとなんとなくわかりますし、おばちゃんたちも親切です。この厨房っていうか作業場っていうか、うどんを貰う所のとなりに小さな食べる部屋がありまして、そこにしょうゆやらネギやらありますので好き勝手に食うって感じです。その部屋の入り口横、洗い場近くに、熱いかけだしの入ったタンクがありまして、その蛇口をひねって、うどんにかけだしをかけます。この作業がけっこう楽しい(笑)冷たいだしは冷蔵庫の中にあるそうな、僕は気付かなかったけど。しょうゆの横に、ビニールパックのぶっかけだしもありましたが、たいていの人は「かけ」でたべてましたね。ダシもうまいです。食べ終わったら、おばちゃんに声をかけて自己申告で支払い。僕は「小」で140円。嘘でしょ・・・。安い!

ここのうどん、ホント美味いです。打ちたて湯がき立て、でなお美味いって感じです。麺のタイプはグミ系。関西では難波の「釜たけ」さん系ですね。もっちりしっかり。ロケーションも相まって、感動です。
今回、行ったうどん屋さん中でも、ブームに影響されていないなぁ、と感じる店の一軒でした。香川に来ないとこれは体験できないと思います。行ってよかった。
こちらで詳細チェックして、うどんツアーされるなら、ぜひ行ってみてください。ディープ系好きなかたにはウルトラお薦めです。

2008年11月 4日 (火)

本場香川のうどん3軒目「日の出製麺所」

予定が狂ってしまったけど美味しいうどんに出会ったあとは、時計を見ると12時。まだ日の出製麺所に間に合います。そう、日の出製麺所はお昼の一時間のみ店頭で食べることができるのです。11時半から12時半の一時間。ナビにセットすると到着予定は12時14分。間に合うぜgood

Hinodeentca3a0029 さすがに人が頻繁に出入りしてます。入ると狭いスペースに、人がイッパイ(笑) 「何にしますか」ときかれますが、メニューなんてありません。「冷たいの小」困った時にはコレを言え、です。人の隙間をぬって、なんとか空いている席に座ると、向かいに座っている初めての方が常連さんから食べ方の手ほどきをうけてました。机(テーブルではなく会議用の机です)の上には温かいかけだしの入ったポットやら、ぶっかけだしのはいったポットやら、ネギとはさみやらしょうがとおろしやら、ご自由にどうぞって感じですね。ネギははさみでチョキチョキします。 温玉がおいてあるのはちょっと意外です。

Hinode2ca3a0028

店の雰囲気とはかなり違う綺麗な器にのって、綺麗に盛り付けられたうどんがやってきました。これは凄い。

写真は、それに温玉落として、ネギをチョキチョキして、生姜を入れたものです。洒落たうどんやさんで出てきそうな感じですな。

味もこれまた格別。うどんの味、ってのを味わえます。しっかりした噛み応えの麺、香りも良いような気がするな。

アッと言う間に食べちゃいました(笑)

食器は片付けるのかなぁ、わからなかったので店員さんに直接渡して、事務所の窓口みたいなところで支払い。

「えーっと、小と温玉」 「150円です。」「えっ?」

激安です。本日、最安激ウマです。

メニューは良くわからないけど、「冷たいの」「ぬるいの」「ぬくいの」があるみたいです。それの小、中、大とたのむみたい。こちらで詳細確認して下さい。そういえば、「きつねうどん用のあげ」はあった、けど天ぷらはあったかなぁ?

流れは、店内にはいると席につくまでもなく注文きかれますので、上記を参考にたのんで、席を見つけて座ります。奥の工場スペースから「冷たいの小の方は?」と持ってきてくれますので、「はーい」と答えて受け取ります。机の上のかけだし、ぶっかけだし、しょうゆで味付けして、ラップで巻いてあるネギをハサミでチョキチョキ。あげやら卵やらも置いてあるので勝手に好き好きに。生姜やゴマもあります。

食べ終わったら、食器返すところないので、多分そのままで良いと思います。常連さんらしき人は店員さんに手渡してました。そして、事務所窓口みたいなところで、自己申告して支払い。

お土産のうどんもおいてありますので(というかお土産売るスペースに強引に机と椅子ならべて食べさせてもらってるって感じですが(笑))買うことも可。常温保存がきくお土産うどんは駅の売店でも売ってます。ここで買うなら「さぬきの夢」とか「究極のうどん」などの要冷蔵の生めん。自宅で釜揚げにして食べましたが香りが良くって美味しかったですよー。

製麺所系のお店ですが、大きな工場の売店スペースで食べるって感じです。行って良かったぁーlovely