プロフィール

フォトアルバム

ぶん

日常の飲み食い中心に、好き勝手なこと書いてます。あとはクルマとももクロについてかな。 基本的には好きなものを書きたい主義ですが、ムカついたことも書くので、時には毒舌です。個人の見解ですのでご了承願います。 グルメブログとかじゃないので、検索で来られた方にはごめんなさい。ぼくグルメじゃないので。

Powered by Six Apart

復興応援! Feed

2016年7月 4日 (月)

熊本を応援する焼酎の会

いち飲み手が、熊本を、球磨焼酎を、武者返しを応援する気持ちで企画された、手作りの焼酎の会。素人の手作りの会とは言え、すずらん吉田商店が、ばっちりバックアップしているので楽しみです。

Img_7026

Img_7025

会場は、とある会館の会議室!手作り感の極み!(笑)

「武者返し」や「寿福絹子」など吉松杜氏が醸す焼酎はもちろん、熊本の日本酒「香露」や大分の焼酎なども用意されていました。
料理は3種。焼酎のこと、食べられるタイミングなどをしっかり考えられた、心のこもった料理でした。

Img_7010

帰り道は、もちろんコイツを置いているお店に寄り道(笑)

素敵な時間でした。

黒霧!いいちこ!もイイですが、米焼酎もイイですよ!
パンチのきいた麦焼酎なら「寿福絹子」がおススメ!

2014年3月14日 (金)

未来へつなぐバトン 一ノ蔵の会@たまいち

049

ゑん屋さんでの一ノ蔵の会に参加できず残念に思っていたら、たまいちさんで一ノ蔵の会があると聞きつけて、すずらん吉田商店さんにご紹介いただき参加してきました。たまいちさん、吉田さん無理言ってすいませんでした。どうしても、一ノ蔵の佐藤さんに会いたかったんで。

055 052

この日の主役、未来へつなぐバトン
全国からの支援に感謝し、一ノ蔵自身が支援する側に、みなさんからのバトンをつなぐ、という意味。
そして、売上の全額!をハタチの基金に寄付。被災した子どもたちを20年間支援していく、子どもたちへバトンをつなぐという意味もあります。
毎年、このお酒を飲むことで、東北を忘れない。小さなことですが、ぼくも参加できる、し続けることができる。

3年がたち、震災直後は、あれだけ東北のお酒を取り合っていたのに、やっぱり減速してきていますよね。いま、この段階で、このお酒に光をあてた会を企画された、たまいちさんは素晴らしいです。

061

素晴らしい料理とともに、5種類プラスアルファーの一ノ蔵を楽しむことができました。
吉田さん提供の、このプラスアルファーもすごかった!!

065 076

一ノ蔵の佐藤さん、すずらん吉田商店の吉田さん、たまいちの大将、ありがとうございました。

2014年2月 5日 (水)

クマ散歩 尼崎編その1 中島南店@センタープール前

IMG_2187

阪神尼崎センタープール前、長い駅名です。
尼崎競艇場のある駅。
私の地元でございます。

家族だれもお酒を飲まないので、ご近所の飲み屋さんなどぜんぜん知りません。
もちろんココも知りません。
子供の頃のイメージがあるので、競艇してる人、あんまり好きじゃないです。
競艇の放送流してる飲み屋さんもあんまり好きじゃないな。
だから、新開地の有名立ち飲み屋さんも、競艇の放送ながしてたりしたら、がっかり。
どこがエエ店やねん、って思ってしまう。
あちこちで褒めちぎられてる店なんだけどね。

ってことで、ここは嫌いなタイプのお店です。二つあるテレビでは、競艇のオッズや中継が流れています。
大黒正宗扱い店ってことで、以前原酒店ブログに紹介されていました。
兵庫から、原さんはじめ、もの好き連中が団体で行ったと書いてありました。
僕が新開地で思ったようなこと、その人たちも思ったんだろね。ブログには良いことしか書いてなかったけど、原さん大人だし。

そんなこんなで、ずっと気になっていたけど、行けてない、行かなかった、というお店でした。
先日、午前中大阪で会議、よる大阪で友人と会う、って日がありまして、その時、あいだの空き時間を活用し、実家寄りがてら行ってきました。

IMG_2189

IMG_2188

一応、酒屋の立ち飲み、ってことになってますが、こりゃ立派な立ち飲み居酒屋です。
すごいメニューの数です。店主中島さんと、よく動くお兄ちゃんが頑張って働いてます。感じイイね。

ビール頼むと、大瓶でどーん。さすが尼崎(笑)デフォルトが大瓶だ。
アテもなかなか美味しいです。
競艇の放送されてますが、競艇場の裏口に当たる場所にあるためか、おとなしめのお客さんで、まぁまぁな感じ。センタープール周辺としては、かなりお上品なお店です(爆)

IMG_2190

こんな感じのテーブルが9卓ほどあります。間隔も広いので、他の人を気にせずに飲めてイイですな。
センタープール界隈の雰囲気が薄めです。

ここの売りは、日本酒。
他の大黒正宗取り扱い店同様、こだわりのお店。
でも扱い銘柄が、ちょっとかわってますねー。
ちまたでは、あまり評価の高くない、あまり有名でないお酒を扱ってます。

IMG_2193 
摂津富田のお酒、清鶴です。
少しずつ、試飲して選べます(忙しい時は無理でしょう、多分)
けっこう、美味しかったな。あらばしり、が好みでした。

IMG_2191 
気仙沼のお酒、伏見男山。
名の知れたお酒ですが、あまり置いてませんね。
特に、立ち飲み屋さんでは、みないですねー。
実は、尼崎と気仙沼が復興協力都市だそうで、酒屋の出来ることは気仙沼のお酒を売ること、だそうです。明快。
吟醸はめっちゃフルーティー。尼崎の立ち飲みであることを忘れちゃうわ(笑)

IMG_2196
「うちの自家製炭酸水です。やわらぎ水にどうぞ」
面白いな。でも、酔いはすすみそうですが(笑)

他に、京都の佐々木酒造(佐々木蔵之助氏の実家)のお酒も数種置いておられます。ほかにも数蔵のお酒が。
すべて、蔵まで行かれて、取引されているそうです。

尼崎では、ホント貴重なお店ですねー。
パッと見、ただの立ち飲み屋さんなんですが、奥が深くて面白い。はやりに流されてる感もなくてイイですねー。
大黒スノッブのもの好きの連中さん方は、いろいろと言い分あるみたいですが、センタープールの立ち飲み屋さんがしていることなんで、そっとしておいてあげてください。
土地を良く知る僕としては、ホント面白いお店だと思いますよ。中島さん、我が道を!頑張ってください。

IMG_2197
中島さんは、報徳出身。
報徳の後輩で、同じ尼崎出身の栃乃若関を応援されてます。
栃乃若関は僕の通っていた小学校の後輩になるそうですわ。びっくり。

センタープールなんて行く人いないでしょうが、念のために。
中島さんのフェイスブックページをリンクしておきますね(笑)→コチラ

2013年11月11日 (月)

KOBE豚饅サミット2013

IMG_1827

クルマ飛ばして行ってきました。
なんか、無性に行かなあかんような気がして・・・(笑)

001

発起人3店の限定豚饅セットをゲット。
老祥記の前には相変わらずの行列でしたが、この限定セットはあっさりゲット。

004

そして、サ・マーシュ・・・?

005

そう、サ・マーシュが「豚パン」で参加してました!
最初気づかなくって・・・。
家族分4個、即買い!

IMG_1829 IMG_1832

神仙閣の角煮饅、第一楼の根菜ヘルシー豚饅は現地で食べました。
美味しかったー。どちらも150円。

IMG_1830 IMG_1834

イイねー。あつあつです。

IMG_1831

南京町振興組合がだしている「俺達の豚まん」
これが、メチャウマ。200円。ちょっと高いのね。

イイねー、こうして神戸が元気でなきゃね。

でも、やっぱり「老祥記」が一番好きだなー(笑)

2012年11月21日 (水)

東北に行きました

同業者の親睦旅行で東北に行ってきました。
実は、昨年からずっと行き先を東北にしよう!って働きかけてきたので、やっと実現できてうれしいです。

004 
伊丹から空路、秋田へ。
途中、見えた佐渡島。
地図と同じ形に、ちょっと感動(笑)

FxCam_1352598038559 
乗ったのはコレ!ボンバルディア?
狭かったです・・・。

FxCam_1352611506649
寒空の中、田沢湖ビールを飲む・・・。

014 
田沢湖の水位が下がっているので見れる後ろ姿
だそうです・・・

005 
昼ご飯、比内地鶏・・・、はでませんでした・・・。

017
中尊寺の見事な紅葉
高校の修学旅行以来・・・。
懐かしや・・・

そして二日目以降は、勝手をさせていただき単独行動。

震災直後、ボランティアで現地に行った同級生のはなしで
「見に行く、ってのは不謹慎かもしれないけど、何が起こったのか、しっかり見ておくべきだ」
というのが、ずっと心に残っていたんです。
もう、一年半過ぎちゃったけど・・・

そして、最近の新聞記事で、陸前高田の方が
「震災の状況を見に来る、ってのは不謹慎と思われるかもしれませんが、ぜひ現状を見て欲しい」
と、言われているのを読んで、行こうを決めました。

そして、復興市場みたいなところで、お土産買ったり食事したりしたいな、と思い現地に向かいました。

一関から、レンタカーで気仙沼、陸前高田へと向かいました。
019 
気仙沼です。
港の水位が高いですよね、地盤の沈下でしょうか。
被害の大きな地域は、ガレキがかたずけられただけ。
何にもありません。
市内の道路もガタガタで、あちこちに被害をうけたビルが廃墟としてあります。
ひっきりなしに、ガレキを積んだダンプが走ります。

でも、復興市場やお魚市場のようなものも出来ていて、そこで食事をしました。
2012_11_12_13_23_48 
海の幸は、新鮮で安いです。
でも、観光で行くには、まだ厳しいかな・・・。
でも、応援したいな。なんとか手はないものか・・・。

港からずっと山側に、津波で打ち上げられた船が残されていました。
その、向かいは何もないさら地の中にポツンとプレハブのコンビニ・・・。
写真撮れなかったです・・・。
もう、一年半が過ぎているのに・・・。

そして、陸前高田。
さらにひどいです。
ナビの表示をみると、ここは町だったとかろうじてわかる。

029
なんとか撮った写真がコレです。
こんなんじゃ表現出来てないけど・・・。
町としては一切機能していません。

クルマ停めて、しばらく、いろいろ考えました。
カーラジオからは、国会中継が流れていました。
悲しかったです・・・。

次の選挙では、テレビで適当なこと言ってるヤツらに惑わされないよう 、
しっかり考えて、責任を持って一票を投じよう、そう心から思いました。

山の方へ行くと、仮設の市庁舎の先に、仮設のショッピング街が出来ていました。
そこで、少しですがお土産を買いました。
ちっさなことだけどね・・・。
働いてる方、元気でしたよ。ちょっと、ホッとして陸前高田をあとにしました。

仙台に一泊して、翌日、「うらと海の子再生プロジェクト」でご縁が出来た塩竃へ行きました。
塩竃は松島湾に浮かぶ島々があったので、他に比べたら被害は少なめとのことでした。
それでも、津波は4mとか6mとか・・・。

039
うらとの海産物が買える場所、ということでご紹介いただき、マリンゲート横の「しおがまみなと復興市場」の共栄丸水産さんに行きました。
037
038
店内はこんな感じ。
お昼は、ここで獲れたての牡蠣とホタテを調理して貰って食べました。
036
それがこんな感じ。牡蠣は味が濃くて、なにもかけず。それでもしょっぱい。
獲れたての牡蠣って、こんなんなんだと知りました・・・。 驚きです。

今年の夏は、湾内の水温が30度を超え、種付けした牡蠣はダメだったそうです。
島の生産者の方々は、夏に外海に牡蠣を出すそうで、その分の牡蠣が助かったとのこと。

応援も兼ねて、こちらでお土産を購入。
これからも、浦戸と、お付き合いしていきたいな。
今回は行けませんでしたが、次回は島に行きたいと思います。

ちなみに、共栄丸水産では、元気で美人な店長さんが頑張ってます!お薦めです!(笑)

石巻や塩竃あたりは観光で十分行けます。
もし、旅行の予定があるかたは、現地に行って応援してあげて下さい。

仙台はバカほどにぎわってます。なんかちょっとイラっとした。

ちなみに、塩竃の地元の方のおすすめ酒は、阿部勘!
ひのちゃん、持っていくから一緒に飲も!

2011年11月29日 (火)

関電社長「原発は重要」 脱原発依存の橋下氏当選

今回の大阪市長選挙で僕が一番興味を持っていたのはココです。

馴れ合わない人が筆頭株主の長になったわけです。

閉塞感を感じずにはいられない原発問題。
ぜひ、風穴開けて頂きたい。

2011年8月19日 (金)

「武士の家計簿」上映会 8月21日(日)@神戸朝日ホール

11時からと14時からの2回上映です。
震災復興支援のチャリティー上映会で、必要経費を引いた残り全額を朝日新聞厚生事業団を通じ、東北に寄付します。

どちらの回も席に余裕が有りますので、涼しいホールでノビノビゆったりとご覧いただけます(自爆)

前売り1000円、当日1200円ですが、このHPを観て来ていただいた方には、前売り料金の1000円でご覧いただけます。
合言葉は「六甲山手の知り合いです」。当日券売り場で言ってください。

14時からの第2回目は、私が当日券販売担当ですので、「だれくま見た」なり、「ロックンロール(裕也風に)」なり言ってもらっても大丈夫です(笑)

神戸朝日ホールへのアクセスはコチラ

よろしくお願いしまーす!

2011年7月14日 (木)

原発ゼロ社会―いまこそ 政策の大転換を〈社説特集〉

朝日新聞は電力会社からの広告無くなっちゃうだろうね。 でも、書かなきゃならないこともある。

そういや、放言大臣が「書いたら終るぞ」って言ってた時も書いたよね、朝日は。

与野党一緒になって菅下ろしだけど、このコトの異常さに電力会社の強さを感じるねー。

2011年7月 6日 (水)

松本龍復興相が辞任 就任9日、被災地問題発言で引責

僕はB型ですが、この人ほどひどくないですけん!

九州、B型以前に人間として、いかがかと。

僕も、「民主も自民も公明も嫌い」ですが
あなたの様な、人の痛みがわからない人の方が、もっと嫌いです。

2011年5月12日 (木)

うらと海の子再生プロジェクト

うらと海の子HP→コチラ

昨日の、朝日新聞の記事はこちらのことですね。

義援金が現地にうまく届いていない・・・。
東北の商品を応援すると、他の地区の商品に影響が・・・。

などなど、うまくいかない支援の気持ちですが、こういった形で発信していただくとこちらも応援しやすいし、手ごたえを感じることができます。←長期的支援に向けて、この「手ごたえ」ってのは大事だとおもう。

マスメディアが記事を載せることで、プロジェクトの安全性をアピールすることもできるし。
これぞマスメディアの力の見せ所です!

(今回は朝日新聞のHPよりリンクが飛んでいたわけではないので、あくまで自己責任において上記リンク先をご覧ください。)

うーん、参考になりました!!